ボーカルレコーディングのポイント

ボーカルレコーディングを行う前に知っておきたい知識をまとめてみました。

ボーカルにとって初めてのレコーディングは緊張感でいっぱいですが、楽しさも多いです。レコーディングをより良いものにするために多くの要素があり、それを自分で見つけ出しながら音楽を作り上げていく過程には面白さが詰まっています。

ボーカルのレコーディングは、音量レベルやノイズ調整から始まります。初めてだと、マイクを通した時の声の音量が掴めないことが多いです。曲のイメージや歌詞によって適した音量は全く違います。その辺の微妙な調整が難しく、初めての時には戸惑いもありますが、同時に新たな発見もある点で、楽しさを感じられるポイントの1つと言えます。

実際にレコーディングで歌う際にも難しい点は多いです。特に、Aメロ、Bメロ、サビなどの部分ごとでメリハリを付けて歌えているか、歌詞と感情移入のポイントはあっているか、語尾の上りや下りは調整できているかのチェックにはこだわりを持っている人が多いです。

単調な歌声では感動が少ないですが、クセがありすぎると歌詞が頭に入りません。語尾のわずかな違和感も曲のイメージを壊しかねない要素で、これらは、ボーカルにとって研究が尽きない部分です。初めてのレコーディングである程度のイメージをつかめるようになれば、その後の曲制作にも生かせるので、多くの人はこの部分に長い時間を割きます。

最初は、答えが見えず迷ってしまうこともありますが、色々と可能性を探る過程に楽しさを見出す人は多く、その先に納得のいく歌声を見つけることができたとき、大きな感動を味わうことができ、この感動がボーカルをさらに次のレコーディングへと引き込む大きな要素になっていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする